なぜ追加緩和は資産効果が期待出来ないのか? なぜなら何も変わっていないから(苦笑)

安倍政権は「日銀の追加緩和で資産効果が発生して、消費を刺激する」と勘違いしているようですが、最初の金融緩和では半年で株価が8000円→16000円と2倍になったので、気が大きくなって「少し使ってみるか」という気になりました。が、今回の金融緩和では16000円台と水準が昨年の水準に戻っただけに過ぎません。サイフの中身が変わっていないのに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発再稼働が裏目、私利私欲に走る電力会社を「ブーメラン効果」が襲う(笑)

「原発を再稼働させてやるんだから、円安に目をつぶれ」ということで始まった、日銀の追加緩和。消費税増税後の急激な景気悪化は、過去2回の消費税増税ショックをはるかに上回り、すでにデフレに逆戻りしてしまったので、「国民の目をごまかすために、追加緩和が必要になった」からです。ところが、円安は電力会社にとってマイナスにしか働きません。原発再稼働に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顔色を失った官僚と政治家、「とても増税できる経済状況ではない」

あれほど増税の判断を前倒しにして、国民の反対論を押し切ろうとしていた官僚と政治家の顔色が変わりました。7~9月の経済指標が想定をはるかに下回ったからです。前倒しどころか、「後ろ倒しにして経済が少しでも回復するのを待つしかない」というのが実情なのです。もっとも、「九電ショック」と円安で地方経済の崩壊が加速しており、回復しているのは「黒字な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大幅な増益にも関わらず電気代値上げを要求する厚顔無恥な東京電力

大幅な増益にも関わらず、電気代値上げを要求する厚顔無恥な東京電力には呆れますね。官僚や電力会社が国民のサイフから横領ばかりしているから、消費税増税不況が吹き荒れているのです。かつてイギリスの植民地だった国が独立し、独裁者の私利私欲による増税に次ぐ増税で荒れ果て、失業率は90%以上という悲惨な国がありますが、中国や日本の現状はまさにソレで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本にまで赤サンゴを強盗に来るほど困窮している「ヤクザ貧乏国家」中国、みじめですねぇ(苦笑)

相変わらず「ヤクザ貧乏国家」中国が日本にまで来て赤サンゴの強盗行為にいそしんでいるようです。日本や欧米の企業だけなく、中国の主要な企業まで「中国の大不況に嫌気がさして中国を逃げ出している」のですから無理もありません。日本に泣きついてまで日中関係を改善しなければならないほど疲弊しているのですから、中国の現状は悲惨なものです。もし、日本や欧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税増税など、「官僚や政治家がやりたがる事は、国民にとってマイナスでしかない」という事実

官僚や政治家が「世界経済を崩壊させてでも消費税を増税する」と公言しているのは、「消費税の増税が官僚や政治家にとって利権を生むから」です。もし、官僚や政治家にとってマイナスでしかないなら、消費税の増税など行うはずがありません。官僚や政治家の女性蔑視発言が目立つことで分かるように、「女性の地位向上を喜ばない」男性の嫌がらせでしかありません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税の増税賛成派に聞いてみよう、「もし、消費税が任意だったら、あなたは何%払いますか?」と

あなたの周りに消費税の増税賛成派がいたら、このように聞いてみましょう。「もし、消費税が強制ではなく、税率も上限が無かったら、あなたは何%払いますか?」と。要するに、「寄付形式」にするのです。「消費税を払いたい人は、いくら払ってもいいですよ」というわけです。そんなに「必要の無い増税」をしたければ、自分たちだけで払えばいいのです。しかし、増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円安株高で「いつか来た道」、同じ失敗を繰り返す官僚と政治家

円安株高はあくまでも「デフレマインドを反転させる」のが目的であって、「心理学的な小道具」に過ぎません。つまり、「実体経済が改善するわけではない」のです。むしろ、円安で輸入物価が高騰するので、インフレが進みます。もちろん、それも目的のひとつなのですが、経済成長とセットで同時進行しなければスタグフレーションに陥ります。にも関わらず、安倍政権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日銀黒田総裁もようやく認めた「消費税増税不況」、追加金融緩和で改善するか?

「世界経済が崩壊しても増税したい」財務省官僚の手先である日銀黒田総裁ですが、ようやく「消費税増税不況」を認めたようです。ここまで市況が悪化し、経済界からもバッシングが相次いでいる今の状況で「大丈夫」という厚顔無恥さには呆れましたけどね(苦笑)。サプライズの金融緩和に市場は大きく反応しましたが、今後も続く値上げと増税ラッシュで、実質の可処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抜け穴だらけの「エボラ対策」、鳥インフルの二の舞か?

「日本のエボラ対策は成田だけ」というのが実情で、他の空港から入ってきた場合、すり抜ける可能性が高く、仮に発見しても東京まで運ばないと対処できないという抜け穴だらけ。鳥インフルの際も、「日本は大丈夫」と言っておきながら感染が広がって大騒ぎになったように、エボラでも同じことが繰り返される可能性が高いといえます。しかも、培養できる施設が存在し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噴出する消費税増税の延期論に「ヤクザ(官僚)が恫喝する」という事は「都合が悪い」という事(笑)

自公でも消費税増税の延期論が噴出になる中、「ヤクザ(官僚)が恫喝する」という事は、「消費税を増税する必要が無い」ことを如実に表しています。もし、心にやましい事がなければ、淡々と論理的に説明すればよいだけの話。「ヤクザ(官僚)が恫喝しなければならないほど論理破綻しており、ヤクザ(官僚)の消費税増税論には説得力が無い」というのが現実なのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感染拡大が止まらないエボラウイルス、第二のエイズとなるか

感染拡大が止まらないエボラウイルスですが、治療法が確立していないため、対処療法に終始しているというのが実情。すでに世界中に拡大しており、SARSと同じ状況になりつつあります。仮に感染拡大が終息したとしても、「臭いものにフタ」でしかないので、インフルエンザのように毎年流行する可能性も否定できません。このままいくと、エボラウイルスもエイズや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ経済界は円安を悪者にしはじめたのか? 「電力会社が原発を再稼働したいだけ」

円安株高を歓迎していた経済界が、「なぜ円安を悪者にし始めたのか?」 理由は簡単です。「電力会社が原発を再稼働したいだけ」なのです。日本経済をけん引している自動車業界は、消費税増税の影響で国内はボロボロですが、円安で決算はホクホク。ところが、電力会社は原発をいつ再稼働できるか分からないので、円安が進めば化石燃料代が高騰するわけです。円安分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地震大国」日本、ようやく本格的に始まった「地震予知」

「地震大国」でありながら、なかなか本格的に始まらなかった「地震予知」ですが、御嶽山の噴火事故を受けて、ようやく動き出したようです。理由は簡単で、「官僚や政治家が噴火事故による被害を軽視していた」からに他なりません。自民党が今だに「女性蔑視発言で国民の怒りを買っている」ように、「地震の噴火を予知してもカネにならない」と無視していたのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「語るに落ちた」民主党の長老・藤井、「欧州は消費税増税でデフレに陥った」

自分で何を言っているのか分かっているんでしょうかね? 民主党の長老として君臨している藤井が間抜けな事を某TVで語っていました。「消費税は増税しなければならん。欧州も消費税増税を強行してデフレに陥っただろ」と。まさに「語るに落ちる」。その愚行の結果が、まさに今、起こっている「欧州危機」なのですが(苦笑)。そもそも、消費税増税は国民から可処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「秘密保護法&消費税増税のブーメラン効果」で沈む自民党、「政治とカネ問題」が止まらない

「秘密保護法&消費税増税のブーメラン効果」で止まらない「政治とカネ問題」ですが、はっきり言って「真っ白な政治家など存在しない」のが現状です。厳密に調べれば、必ずボロが出ます。今までは「アベノミクスの邪魔をするな」と民主党に国民が圧力をかけていたので、表に出なかっただけの話。「民主党が自公を巻き込んで密室で決めた消費税増税」でアベノミクス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

痛いところを突かれた米国、「米軍慰安婦像を設置したらどうか」で絶句

韓国に買収されて慰安婦像を設置した米国も、「米軍慰安婦像を設置したらどうか」には反論の余地が無く、絶句するしかなかったようです。それもそのはず。米軍慰安婦像に触れると、自らの立場が危うくなるからです。そもそも、「慰安婦問題」は「米軍慰安婦」が発端。「米軍慰安婦」のコピーが「従軍慰安婦」ですから、「米軍慰安婦問題には触れたくない」というの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また「嘘つきドラギ」に振り回される世界市場、今回も口先だけの可能性大

凝りませんねぇ。世界市場がまた「嘘つきドラギ」に振り回されているようです。「やるそ、やるぞ」といっておいて、結局は「口先だけ介入」に終わるドラギ総裁。世界市場では「嘘つきドラギ」で有名ですが、今回は「債券購入するぞ詐欺」を展開しているようです。「またウソか?」という声と「今回こそ本当か?」という声が入り混じる展開に、世界市場が面白いよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界経済の減速が鮮明化、「九電ショック」の影響は深刻

「消費税増税」に端を発する「九電ショック」で世界経済の減速が鮮明化しています。財務省官僚の「世界経済を破壊してでも消費税を増税する」という暴言をきっかけに世界同時株安が進行し、堅調だった米国経済まで巻き込んで株の暴落が始まりました。一見すると世界同時株安が落ち着いたかに見えますが、「乱高下しているだけで、いつ下落に転じるかは全く予想でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「九電ショック」で動揺する官僚、連鎖倒産で疲弊する地方経済

川内原発を再稼働して原発利権を復活させ、ぬか喜びの官僚を襲った「九電ショック」。アベノミクスの成長エンジンとして機能していた再生可能エネルギーの普及が止まり、最大の恩恵を受けていた地方経済は「突然ハシゴを外された」結果、回復どころか連鎖倒産で東日本大震災時よりも悪くなっているというのが実情。今後、数年にわたって地方経済はさらに疲弊してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more