「消費税を増税する必然性はゼロ」、財務官僚を粛清すれば日本は金持ち国に早変わり

官僚の隠し埋蔵金は約800兆円、国有資産は約700兆円、年金や農協などの資産を含めると約300兆円なので、国には1800兆円が眠っていることになります。借金の1100兆円を差し引いても約700兆円のプラス。消費税増税どころか、減税する余力があるのです。そもそも、たった2年で100兆円も借金が増えるはずがありません。国債の大半は借り換えで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

官僚や政治家お得意の「数字のごまかし」、消費税の年間36万円よりははるかにマシ

一般的な家庭では、消費税の国民負担は年間36万円に上ります。しかし、固定価格買い取り制度の国民負担はせいぜい800円/月。これを年換算にすると約1万円。官僚や政治家お得意の「数字のごまかし」で、「太陽光発電は高いよね」というイメージを国民に刷り込んで「再生可能エネルギーを潰し、原発を無理やり再稼働する言い訳にしよう」というワケです。が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本経済を復活させるには「消費税減税しかない」という現実

麻生をはじめとする無能で強欲な財務官僚が行った愚策「消費税増税」「復興増税」など増税のオンパレードで、日本経済は瀕死の重傷です。すでにスタグフレーション(物価だけが上昇し、実質賃金が下って景気が悪化する)に陥っており、このままいくと税収が減るだけでなく、未曽有の不況が襲い、世界経済まで巻き込んで世界恐慌に発展し、財政破綻へまっしぐら。目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「貧乏ヤクザ国家」中国、不動産バブル崩壊が止まらない

サンゴの密漁や他国の領土で軍事基地を建設するなど、環境破壊を無視して「やりたい放題」の中国。国内は不動産バブル崩壊など、経済が疲弊しているので、海外で強奪行為を繰り返しているのですから、まさに「貧乏ヤクザ国家」の本領発揮と言えるでしょう。その結果、地球規模の環境破壊が加速しており、地球の寿命は「長くて、あと30年」。オバマ大統領が「中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千載一遇のチャンスを放棄した橋下市長、利するのは自公だけ

支持率が急落し、「もし、橋下市長が参戦したら大敗する」と危機感を抱いていた自公政権にとって朗報だったようです。橋下市長は、愚かにも衆院選不出馬を表明し、千載一遇のチャンスを放棄してしまったのです。これで選挙の大勢は決まりましたね。自公政権は、民主党潰しに専念できるからです。もっとも、江田氏の戦略次第では、「維新の党」が議席数を伸ばす可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発再稼働で加速する「既存の電力会社外し」、時代は「自家発電」へ

円安と燃料高騰で値上げラッシュに邁進する既存の電力会社。「大幅な黒字なのに、なぜ値上げ?」という国民の怒りを無視して私利私欲に走る姿は、まさに鬼畜ですね。原発を再稼働するために、再生可能エネルギーの受け入れ拒否を決め込んだ既存の電力会社でしたが、その頭越しに進む電力広域化。すでに日本全国に広く設置されている蓄電池を広域電力制御網を活用す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去の選挙では「チルドレンは10%前後しか生き残れない」という現実

安倍首相が過半数をデッドラインにしたのは、政権を維持するために必要という意味ではなく、過去の選挙では「チルドレンは10%前後しか生き残れない」という現実的な数字が横たわっているからです。前回の選挙でも、「民主党がこれほど惨敗するとは思わなかった」という意見が多かったのですが、これはチルドレンを加味した数字がベースになっていたのが原因。チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ見えてきた「地球温暖化対策の切り札」水素社会

トヨタやホンダなど、主要企業が燃料電池車を市場に投入することが決定し、水素社会の実現が現実味を帯びてきました。今はゴミとして廃棄されている家畜のフンや下水などからでも生成できる水素は、ゴミをエネルギーに変えられるだけでなく、燃焼してもCO2や公害物質を一切排出しない、理想的なエネルギーです。生成されるのは熱水と電気だけで、熱水は不純物を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自らが起こしたデフレで崩壊する中韓経済、逃げ出す日米欧企業

中韓は違法な為替安を利用した薄利多売商法で莫大な利益を得てブクブクと太ってきたのですが、所詮は「他国から富を奪っているだけ」なので、世界経済をデフレに陥れてしまいました。その結果、自らもデフレに陥り、富をすり減らすという大失態を演じているのです。まさに自業自得の自虐行為。先に逃げ出した欧米企業い続き、言いがかりの裁判や反日テロなどで切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「消費税上げろ~、あれは俺たちのものだ!」、日銀黒田総裁の悲痛な叫び

財務省の手先、日銀黒田総裁がメディアで恥をさらしているようです。「消費税上げろ~、あれは俺たちのものだ!」というわけですね。「消費税を10%に上げれば財務省の利権が膨らむから追加緩和に応じてやったのに、増税延期とはどういうことだ」とメディアで文句を言っている姿はまさに鬼畜ですね(苦笑)。もっとも、「消費税増税不況」の影響は鮮明で、消費者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに始まった「増税派追い出し選挙」、崖っぷちなのはどっち?

ついに始まりましたね~、「増税派追い出し選挙」が(苦笑)。官僚や政治家の増税派によって「景気条項」を削除させられた結果、「誰が首相になっても崖っぷち」という「差し違え選挙」となります。アベノミクスが失速したのは、消費税増税であることは、疑いようがありませんから、増税派が生き残るのはまず不可能。つまり、「自動的に落選する」ことになります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務省の無能を世界中にさらした「消費税増税で2014年度以降もマイナス成長が決定」で株価大暴落(怒)

まさに赤っ恥ですね。「財務省がいかに無知で無能かを世界中にさらしてしまった」のです。「消費増税の影響を甘く見た市場関係者の多くは7~9月期はプラス4~5%程度に持ち直すと予測していたが、夏ごろからあわてて2%台に下方修正。実際の結果はそれをさらに下回るものだった」という惨状。財務省は土下座して国民に謝罪すべきですね。デフレ時に「超デフレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税増税に対抗するには、「消費しなければよい」

消費税は「消費したモノやサービスにかかる税金」ですから、消費税増税に対抗するには「消費しなければよい」のです。日米欧などの先進国は、贅沢さえしなければモノに不自由はしません。新たに購入しなくても、モノがあふれており、モノが壊れたら修理すればよいのです。地方に行けば安い土地が手に入り、食料も自家消費するだけなら家庭菜園で十分です。水は雨水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「消費税増税は民主党が残した時限爆弾」に過ぎない、今回の選挙は「3党合意の破棄」が目的

「消費税を増税すれば、政権が吹き飛ぶ」のは避けられません。これを避けるには「3党合意を事実上破棄して、再増税を延期するしかない」というのが実情。欧米からも「我々を巻き添えにするな」の大合唱ですから、官僚や政治家も増税を強行すれば、いつぞやのように「薬を飲まされて、暗殺されてはたまらない」というのは本音(苦笑)。「秘密保護法&消費税増税に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日銀黒田総裁の「異次元緩和第二弾」は、「消費税増税不況」に対する安倍首相の「窮余の策」

あれほど「デフレ脱却」に自信を見せていた日銀の黒田総裁でしたが、次々に出てくる数字は、全て「消費税増税不況」を如実に表したもの。しかも、「九電ショック」で「消費税増税不況」を悪化させたのですから、目も当てられません。すべては「秘密保護法&消費税増税のブーメラン効果」に端を発するわけですが、さすがにこれだけ立て続けに「ブーメラン効果」が起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず「消費税心中恐慌」は回避か? 官僚の私利私欲で乱高下する株価

「消費税の増税延期」で、とりあえず「消費税心中恐慌」は回避する動きのようです。すでに日本経済はスタグフレーションに陥っており、「消費税増税不況」がデフレに陥っている世界経済に広がるのは必至。このタイミングで追加増税を行えば、消費税を払いたくない消費者は完全に守りに入ってしまい、税収は激減。困るのは血税にたかっている官僚や政治家だけ。官僚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「消費再増税先送り↑」「先送り否定↓」、乱高下する株価

「消費再増税先送り」が報道された途端、日経平均株価は300円も高騰。ところが、「先送り否定発言」で日経平均株価は300円も暴落。投機筋は「消費税増税によって日本経済が崩壊する」ことが分かっているので、閣僚の安易な発言に右往左往しているのです。「GDPがV字回復する」という増税派の目論見はあっさりと崩壊し、7~9月の速報値は惨憺たる状況。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予想通りGDPは大幅な落ち込み、「増税したらアベノミクスは終わる」

7~9月のGDPは大幅に落ち込み、もはや消費税増税による景気の落ち込みを否定できなくなりました。この状況で消費税を増税すれば、GDPの6割を占める消費者のサイフのヒモはさらに固くなり、官僚や政治家の御用聞きアナリストすら「このタイミングで増税するのは危険すぎる」と危機感をあらわにしています。中国や欧州の景気悪化が顕著になり、堅調だと思わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日中首脳会談」はまさに茶番、「学芸会」以下か?

北朝鮮には騙され、閣僚の連続不祥事も冷めやらぬまま、一発逆転のつもりだったのでしょう。密漁を黙認するなど、中国に妥協して日中首脳会談までこぎつけたにもかかわらず、公然と無視されたのですから笑えますね。まさに茶番です。心理学に詳しい人間なら、学芸会以下と評するでしょう。そもそも、日本が有利な立場にいるのに、なぜ中国に妥協する必要があったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公然と世界中でコソ泥行為に走る中韓、「自然淘汰の法則」で人類滅亡の危機

赤サンゴの密漁で世界中のひんしゅくを買っている中国ですが、他に象牙やらウミガメやら、ありとあらゆる禁輸に手を出しているそうです。それは図らずも「中国経済が崩壊している」ことを公然と認めたことになります。中国経済が順調なら、わざわざ世界各国を敵に回すリスクを冒す必要が無いからです。韓国も同様で、世界中で資源を強奪しています。地球温暖化と乱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more