徐々に広がる水素発電、一般家庭から大型発電へ

家庭用から企業向け燃料電池が広がりを見せる中、大型火力発電に水素を混焼する動きが活発化しており、純水素発電も視野に入ってきました。水素を活用できるようになれば、CO2の発生を抑えることができるだけでなく、エネルギーを輸入する必要がなくなり、化石燃料のように枯渇したり、政治情勢や戦争などで価格が乱高下する心配がなくなります。再生可能エネル…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more