「人道支援」を「戦争支援」と勘違いしたイスラム国、人質の扱いに困って放棄

日本の「人道支援」を「戦争支援」と勘違いして世界中に恥をさらしたイスラム国。支援金を身代金として奪うことで、資金不足で膠着状態にある戦線を活性化しようとたくらんだものの、人道支援金を奪うことは国際世論はもちろん、イスラム教徒をも敵に回すことになるので、「振り上げたこぶしの扱いに困った」というのが実情。「何があっても私個人の責任」と言い残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more