円高是正で進む国内回帰、ようやくたどり着いたスタートライン

欧米の大規模金融緩和で、実力を無視した極端な円高が進んでいたわけですが、欧米より遅れること約3年。日銀の異次元緩和で、ようやく為替がリーマンショック前の水準まで是正されたワケです。といっても、スタートラインに戻っただけで、日本企業の試練はこれからでしょう。「採算の分水嶺」と言われる115円前後で為替が推移すれば、国内で生産した方が利益が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more