「慰安婦問題」は朝日新聞の社長個人の思惑で演出されたヤラセだった

今でこそ慰安婦問題は朝日新聞の謝罪によって「真っ赤なウソ」だと分かっていますが、実は「慰安婦問題は最初から朝日新聞の社長個人の思惑で演出されたヤラセだった」のです。「慰安婦問題」を朝日新聞のスクープ記事にし、これをテコにのし上がっていったのです。外部からの指摘や記事の証拠固めの段階で、「数々の矛盾点を指摘されていながら」これを社長の思惑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more