ようやく動き始めた原発の廃炉、地球温暖化の抑制に寄与するか?

原発は太陽光発電よりも発電効率が悪く、その余った大量のエネルギーは熱水として河川や海に捨てられていました。これが海水温の上昇をまねき、超巨大台風や偏った豪雨・干害を助長するなど、異常気象や砂漠化の温床となっていたのです。原発はひとたび事故が起きると、世界中に被害が蔓延します。しかも、世界中の原発から海中に注がれた熱エネルギーは、「広島原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more