徐々に広がる水素発電、一般家庭から大型発電へ

家庭用から企業向け燃料電池が広がりを見せる中、大型火力発電に水素を混焼する動きが活発化しており、純水素発電も視野に入ってきました。水素を活用できるようになれば、CO2の発生を抑えることができるだけでなく、エネルギーを輸入する必要がなくなり、化石燃料のように枯渇したり、政治情勢や戦争などで価格が乱高下する心配がなくなります。再生可能エネル…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

農協改革に反対しているのは「農協利権に寄生するカネの亡者だけ」

農協改革のアンケートで「農協改革に反対しているのは、農協利権に寄生するカネの亡者だけ」という、実に分かりやすい結果となりました。事実上、国民全員が農協改革に賛成していることになりますね。裏を返せば、「無駄に血税を取られたくない大多数の集団」と「血税を横取りして楽に生活したい強欲集団」にくっきりと分かれたのです。私利私欲で農業を衰退させた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「実に短かった春」、日本をはるかに上回るペース急速に高齢化する中韓

高齢化が進む日本をはるかに上回るペース急速に高齢化する中韓ですが、景気減速と借金が膨らむ体質まで似ているようです。韓国は事実上「欧米の植民地」であり、実は「膨大な借金大国」。中国も膨大な借金を抱えており、中国政府が発表するニセGDPはともかく、他のデータから導き出されるGDP比で言うと、金額でもGDP比でも日本をはるかに上回る危機的状況…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人道支援」を「戦争支援」と勘違いしたイスラム国、人質の扱いに困って放棄

日本の「人道支援」を「戦争支援」と勘違いして世界中に恥をさらしたイスラム国。支援金を身代金として奪うことで、資金不足で膠着状態にある戦線を活性化しようとたくらんだものの、人道支援金を奪うことは国際世論はもちろん、イスラム教徒をも敵に回すことになるので、「振り上げたこぶしの扱いに困った」というのが実情。「何があっても私個人の責任」と言い残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナス成長が加速する中国、経済圏を無理やり拡大して世界経済と心中狙いか

マイナス成長が加速する中国ですが、それでも軍事・経済エリアを拡大しようと躍起です。中国元の経済圏が拡大するという事は、「失速している中国経済のとばっちりをものの見事に受ける」ことになります。今までは中国経済が崩壊しても中国国内の問題でしたが、このままいくと世界経済を巻き込んで崩壊することになります。早い話が「死なばもろとも」というワケで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラム国による人質事件はカネから人質交換へシフト、資金不足の露呈回避が目的か

ここにきて国際世論を気にし始めたのか、イスラム国が資金不足の露呈を回避するために、要求内容をカネから人質交換へシフトしたようです。もっとも、強硬姿勢を見せるために、湯川さんを殺害したのは失敗でしたね。これで日本はもとより、国際世論もイスラム国に対するバッシングを強めるでしょうし、欧米各国が連携を強め、強硬姿勢になるのは自明の理。仮に人質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農協は「私利私欲で暴走する金融機関」、農業を衰退させた張本人を潰せ!

なぜ、日本には小規模農家が多いのかというと、GHQが大規模農家の力を分散させるためでしたが、これに便乗したのが農協。小規模農家をまとめて大規模化すれば、生産性も上がるので、農家離れを加速することもなかったでしょうが、農家から利潤を上げるために、小規模農家のままにして個々に農機具を売りつけて貸しを作り、農協に縛り付けたのです。しかし、農機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと動いた「嘘つきドラギ」、デフレに落ち込んだ欧州でも金融緩和

金融緩和を「やるぞ、やるぞ」と言って一向に実行に移さず、「やるやる詐欺」で有名になった「嘘つきドラギ」ことドラギ総裁。原油安も手伝って、欧州がデフレに突入してしまったので、慌てて金融緩和に踏み切る決断をしたというワケです。が、実際は何がどのように行われるのか全くの未知数。しかも、損失時の欧州中銀の負担は軽微なので、何か起こった場合に歯止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税増税で沈む日本経済、当然の結果に嘆くフリをして責任回避に走る官僚や政治家

増税はデフレ政策であり、市場規模を縮小するので、当然景気は悪化します。しかも、「デフレ下で消費税を増税すれば景気が悪化することは、よい勉強になった」と開き直ったのですから、「当たり前の話をするな!」と米国が起こるのも当然と言えます。国民の生活に直結するスーパーやコンビニ、自販機などの業績は軒並み悪化しており、「消費税の増税さえなければ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「イスラム国を潰せ!」と叫ぶ「強欲国家」中国のとばっちりを食った日本

数千万人というイスラム教徒を抱え、いつ反乱が起きて崩壊してもおかしくない中国。「イスラム国を潰せ!」とばかりにイスラム国との戦争に必死です。が、そのとばっちりで日本がターゲットにされてしまったようです。人道支援の2億ドルを「イスラム国に渡せ!」と「強欲国家」中国のお株を奪う強欲さ。原油価格の暴落は、イスラム国の唯一の資金源の激減を意味し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マイナス成長が止まらない」中国、日本からカネを強奪するしか能が無いのか?

相変わらず中国の「マイナス成長が止まらない」ようです。「中国国有大手に外資導入」といえば聞こえはいいのですが、要は「中国にカネが無いから、日本を脅してカネを強奪」しただけに過ぎません。それに応じる日本も日本ですね。「目先のカネに釣られれば、結果的に大損する」というのは世界の常識。それでも私利私欲に突き進むのですから、過去の経験則は全く役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

止まらない世界経済の崩壊、「原油安」「金利低下」「デフレ」のトリプルパンチ

「ガソリンが下がってよかったね」と呑気な事を言っているのは一般人だけで、政治・経済界の人間は顔面蒼白。なぜなら、「世界経済の底が抜けた」からです。欧州をはじめとして、「原油安」をきっかけとする「デフレ」「金利低下」が止まらず、「アリ地獄」どころか、「ブラックホール」の様相を呈してきました。このままブラックホールに吸い込まれると、世界経済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本の農業を抹殺した」農協、それでも私利私欲に走る厚顔無恥

農協といえば、国民の血税から膨大な補助金をむしり取り、その補助金を農家から横取りして私腹を肥やしてきた、「日本史上最悪の悪徳業者」。農協が溜め込んだ総額は約100兆円に上り、しかも農業に活用されている金額は1%にも満たないのです。「農協」でありながら、日本の農業に一切貢献していないのですから、農家の間で「農協無能論」「農協廃止論」が出る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで敗戦国、中韓の異常なまでの「負け犬コンプレックス」

「慰安婦問題」だけでなく、「言論の自由」問題や「ナッツリターン」問題など、韓国の日本に対するコンプレックスはまさに異常ですね。韓国は先進国だと思い込みたいらしいのですが、世界から見れば明らかに後進国。困ったら日本のカネと技術を強奪し、利益をしゃぶってカツアゲするしか能がない「強欲ヤクザ国家」ですから、何かあれば「反日で国民の不満をそらせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の「サルまね商法」に世界が「ノー」、強欲国家に迫る落日

日本から強奪したカネと技術を利用して薄利多売商法で儲け、利益を違法な為替安で異常に膨らませてきた「強欲ヤクザ国家」韓国ですが、もはや限界が見えてきたようです。元々は日本の技術なので、それを中国にパクられ、人件費の安い中国に価格で追い上げられて青息吐息(苦笑)。国内は不況なので、輸出で儲けるしか手が無いのですが、中国経済の崩壊で輸出も崩壊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キャップ制度を導入すれば、財政赤字はすぐにでも解消する」という現実

財政赤字が膨らんでいる最大の要因は、「官僚が消費税を増税して国民からカネを強奪するため」ですから、官僚を排斥しない限り、永久に財政赤字は膨らみ続けるでしょう。そもそも、財政赤字を解決するのは至極簡単で、「キャップ制度を導入すればよい」のです。社会保障費に上限を設定し、確定申告で清算すれば、財政赤字は解決しますが、富裕層の負担が増えるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急増する地球温暖化による被害拡大、冬でも爆弾低気圧の恐怖

日本で「地球温暖化による被害」というと、「巨大台風による豪雨被害」というイメージですが、今年の冬に襲った爆弾低気圧はまさに巨大台風。しかも冬ですから、豪雨ではなく豪雪が極寒の北海道や東北を襲ったのです。雪だけならともかく、低気圧で発生した高潮が沿岸を襲い、船が市街地に流れ込む光景は、まさに東日本大震災時の大津波を連想させるものでした。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧米でのスパイ活動が嫌気された中国、貿易だけでなく教育機関も締め出し

意図的な為替安と薄利多売で世界経済をデフレに陥れた結果、世界市場から締め出しを食らっている中韓ですが、スパイ活動に利用していた教育分野でも締め出されているようです。日米の極秘情報が韓国経由で中国に漏れているというのは公然の事実ですから、さすがに米国も締め出さざるを得なくなったという事でしょう。3年連続でマイナス成長を続ける強欲国家、中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧米でのスパイ活動が嫌気された中国、貿易だけでなく教育機関も締め出し

意図的な為替安と薄利多売で世界経済をデフレに陥れた結果、世界市場から締め出しを食らっている中韓ですが、スパイ活動に利用していた教育分野でも締め出されているようです。日米の極秘情報が韓国経由で中国に漏れているというのは公然の事実ですから、さすがに米国も締め出さざるを得なくなったという事でしょう。3年連続でマイナス成長を続ける強欲国家、中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「秘密保護法&消費税増税のブーメラン効果」は世界規模のテロに発展、フランスでも続く惨事

「秘密保護法&消費税増税のブーメラン効果」によってイスラム国が急拡大し、世界の秩序を脅かしているワケですが、官僚と政治家が強引に秘密保護法を推し進めた結果、フランスでもテロが勃発してしまいました。秘密保護法を廃止し、消費税を減税しない限り、この「負の連鎖」は永久に続くことになります。これは、「日本にもテロの脅威が襲う」ことを意味し、「第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more