あなたの知らない世界へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 違うマウスだと早期から分かっているのに、分析を進める不可解な山梨大

<<   作成日時 : 2014/07/21 04:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

違うマウスだと早期から分かっているのですから、分析する意味が無いことは誰の目にも明らか。それが何の細胞かすら分からないのに、「STAP細胞ではない」と言われても「はぁ?」としか言いようがありませんね。ペットショップで犬を買ったのに猫が来てしまい、挙句に「これは犬ではない」と言っているようなものです。そりゃあそうでしょうね(苦笑)。しかも、記者会見での挙動が異常です。目の焦点は合わず、何かに怯えているのは一目瞭然。理研から、というよりも政府から圧力がかかっているのでしょう。理研の責任を世間の目からそらせるためには、小保方氏に全ての責任を負わせる必要があるからで、小保方氏に主張をさせないのも、官僚や政治化お得意の情報操作・隠蔽に走っているからです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
違うマウスだと早期から分かっているのに、分析を進める不可解な山梨大 あなたの知らない世界へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる