あなたの知らない世界へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小保方を完全監視するのは、不正防止ではなくノウハウを盗むため

<<   作成日時 : 2014/07/18 04:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

STAP細胞問題で小保方氏がなかなか参加できなかったのは、STAP細胞の利権を小保方氏から奪うのが目的だったのです。が、理研の再検証メンバーでは再現できないという誤算が発生しました。そこで、建前上は「小保方氏の不正を防止する」事にして、一挙手一投足をビデオで録画・監視し、小保方氏の言う「コツ」、ノウハウを盗んでしまおうというセコい発想なのです。STAP細胞の再現実験が成功してもしなくても、小保方氏は不正が認定されており、理研を追い出されるのは確実なので、その前にノウハウを確立する必要があるからです。しかし、小保方氏を検証メンバーに加えて再現できても、成果は小保方氏に持っていかれてしまうので、ノウハウを盗んで成果を先に発表し、小保方氏は追い出してしまおうという算段なのです。すでに第三者がSTAP現象を再現しているのに、「小保方氏を抱えている理研でなぜ再現できない」という突き上げもあるでしょうし、理研のプライドが邪魔をしているという指摘もあるようです。「理研」内部で「利権」を奪い合っている光景は、まさにギャグですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小保方を完全監視するのは、不正防止ではなくノウハウを盗むため あなたの知らない世界へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる